製品情報


口腔周囲筋と調和した機能的総義歯 ニュートラルゾーン理論を用いた機能にマッチする総義歯です。

①失われた骨を床で回復する。
②天然歯が元あった位置へ排列する。
③口腔周囲筋で抱え込む。
④DSシステムを用いた重合方法の採用。※1

※1)DSシステムとは・・・・・
樹脂が固まるときの収縮を最小限に抑える独自の製法で、義歯の粘膜面側の石膏面は、樹脂が固まる98℃になるように全体があらかじめ均一に温められます。そのため、樹脂を流し込んだとき粘膜面全体が先に固まり始めます。他の部分は後から収縮分を補填できるように55℃くらいの少し低い温度に保たれています。このように直接歯茎に当たる義歯の粘膜面を先に固まらせることにより収縮の誤差を無くします。


  • ※石膏に温度差をつけてから樹脂を注入する製法には、日本とアメリカで特許が与えられています。

FRSエステショット共通クリア
FRS エステショット共通クリア
  • FRSオリジナルピンク
    FRS オリジナルピンク
  • FRSライトピンク
    FRS ライトピンク
  • エステショットライブピンク
    エステショット
    ライブピンク
  • エステショットライブピンク
    エステショット
    リアルピンク

ナチュラルデンチャー 義歯を残存歯に固定するクラスプ(金属バネ)を使用しないことにより、
義歯を装着していることが気づかれにくく、審美性を重要視した患者様に大好評の義歯です。

■取り扱い樹脂材料 / エステショット、ルシトーンFRS
■取り扱い樹脂色 / 8ライブピンク、1Rリアルピンク、クリア(エステショット)
              オリジナルピンク、ライトピンク、クリア(ルシトーンFRS)

【樹脂材料説明】
◎エステショット
製造販売元・製造元 / 株式会社ニッシン、販売元 / 株式会社アイキャスト
・ポリエチレンテレフタレート共重合体
・リライニングや補修ができる常温重合型レジンとの良好な接着性
・安心して使い続けられるように、残留モノマーや溶出物を低減
・審美性を損ないにくい低吸水性
・いろいろな義歯に使える適度な粘り強さ
・フィット感を高める優れた適合性

◎ルシトーンFRS
ハイグレード微結晶性ポリアミド(トロガミドcx7323)を用いた、安全性、審美性、機能性に優れた熱可塑性ポリアミド樹脂です。主成分であるトロガミドcx7323は耐薬品性、耐衝撃性、低吸水性、寸法安定性、光透過性に優れた特性を有する微結晶ポリマー樹脂であるため、さまざまな医療機器に応用されています。


ナチュラルデンチャープラス
ナチュラルデンチャープラス

ナチュラルデンチャープラス

当社で独自に開発した樹脂材料とアクリルレジンを組み合わせた新発想のナチュラルデンチャーです。床はアクリルレジンでできているため、従来の保健義歯床と同様の操作性や取り扱い易さを有しており、人工歯置換、増歯、増床、リベース、さらには床内面シリコンを貼りつけることも可能で、様々な状況に対応できる構造となっています。また、実際の出来上がった維持装置の試適ができることも特徴の一つで、適合性や維持力、見栄えなどもSET前に確認することができ、「イメージと違った」等のトラブルも未然に防ぐことができます。


  • 下顎金属付き
    下顎金属付き
  • 上顎金属付き
    上顎金属付き
  • 上顎金属付き片側
    上顎金属付き片側
  • 上顎片側
    上顎片側


ホワイトクラスプ

ホワイトクラスプ

アセタル樹脂という熱可塑性レジンからできており、4つの主な特徴があります。

①強くて柔軟性がある
②耐疲労性が高い
③生体適合性が高い
④耐抗菌性で衛生的

※歯牙の形態によっては維持力が発揮できない場合があります。


バイオソフトデンチャー

バイオソフトデンチャー

生体用シリコーン医療応用として頻繁に使用されているシリコン系の軟性素材(主原料はポリジメチルシロキサン)を義歯粘膜面に裏装した義歯です。
個人差はありますが、吸着力が増し、咬合時の歯茎に対する痛みも 緩和されて咬合力も高まるようです。
ナチュラルデンチャープラスにも裏装可能です。


金属床

金属床

口腔内において、より違和感の少ないように作られた義歯です。保健の範囲では製作するこ とのできない構造になっており、金属使用範囲が広く、より薄く、違和感が少なく壊れにくいなどの特徴があります。
また、熱伝導率が高く、お食事の際の口腔内温度も、より良く感じることができます。


Mクラス

クラスM

リーズナブルな金属床です。(保険適応外)
※技工料金は当社までお問い合わせ下さい。


Newコバルトクロム系メタルボンド

Newコバルトクロム系メタルボンド

貴金属価格の高騰という時代背景の中、陶材の品質改良が進み製作が可能となったメタルボンドで、4つの主な特徴があります。


  • ①使用金属代をコストカットできる。
  • ②接着強度は従来のニッケル系メタルボンドと同様で、フレーム強度が高いので変形に強く、3歯までのブリッジに適している。
  • ③貴金属特有のフレーム重量が無く「口の中が軽くなった」と言われることもある。
  • ④色調再現性に優れている。

前処置補綴

前処置補綴

部分床義歯を製作するうえで、非常に重要な意味を持つのが鉤歯です。
自社で培われた義歯の設計構造に関するノウハウをもとに、歯冠形態を改善し、より良い義歯をトータルでサポートいたします。


マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

歯の根に磁性金属(キーパー)を埋め込み、義歯本体に磁石を取り付け、磁力によって吸着、固定させる装置です。


マウスガード

マウスガード

歯自体の損傷、歯による口腔内の裂傷を防ぎ、脳への振動を軽減するための器具で、歯と歯が十分に噛み合うことができるため、着用していると普段以上の筋力を発揮できるとされています。


ページのはじめに戻る